地区協議会の設立支援

地区協議会とは

地区協議会は、小学校区をコミュニティエリアとして、地域で活動する各種団体や地域住民の方が交流を深め、互いに協力し合うネットワーク組織です。
現在、市内20小学校区中17地区で地域課題の解決や情報共有等の地区協議会活動が行われています。
詳しくは、こちらをクリックしてください。

緊急時の情報共有体制について

令和元年台風第19号では、市制施行後初めて避難勧告を発令し、避難所開設を行いました。このことは、多くの方が「いざという時」を意識するきっかけとなり、地区協議会連絡会(各地区協議会長、代表者等が集い情報交換をする場)では、地区内のつながり・地域同士のつながりの重要性を改めて認識し、「災害時における情報共有体制の構築」について検討を重ねています。

柏野小地区のこれまでの歩み

市では地区協議会未設立地区に対して、地区協議会の代表者会議で議論されている「災害時における情報共有体制の構築」について報告しており,柏野小地区では令和4年3月に「報告会」を実施しました。その後、7月には学校関係団体を中心に地区協議会についての情報交換を行い、9月には自治会、学校関係団体などの地域の方々や既存地区協議会の方との「地区協議会の必要性に関する意見交換会」を開催しました。会を通じて「地区内のつながり・地域同士のつながり」の重要性について認識が深められた結果、地域の課題について地域内で情報共有を図り、検討できる場が必要であるとの声が多数あがりました。11月には「柏野小地区における地区協議会の設立に向けた意見交換会」を開催し、設立までの流れや今後の方向性について話し合いました。今後も引き続き、設立に向けた話し合いを続けていきます。

問い合わせ先

調布市生活文化スポーツ部協働推進課
TEL 042-481-7036