7月22日(木)に,ちょうわ地区協議会主催「野川の学校」に参加しました。

この行事は,「野川の学校」というイベント名のとおり,野川流域に暮らす,調和小学校区の子どもたちに,「その身近な野川の,豊かな生態系を知ってもらいたい。」「動植物の多様さ,生育環境などを観察し触れることで,環境の大切さを学んで欲しいとの思い。」「ここから各々派生していくものによって,子どもたちが環境への意識を育みながら,その成長につなげて欲しい。」このような,PTAや地域の方々の子どもたちへの愛情と,野川の自然への感謝が表れた行事として,恒例で開催されてきたものです。

「野川の学校」は,ちょうわ地区協議会が,夏休みに企画し実施しておりますが,残念ながら,昨年度は,コロナウイルス感染症の流行により中止を余儀なくされました。
今年も,相変わらずコロナウイルス感染症は収まらず,緊急事態宣言中という,常とは異なる状況下ですが,開催となりました。

野川の学校の詳細はコチラをご覧ください。