新着情報・お知らせ[お知らせ]

  • HOME »
  • 新着情報・お知らせ[お知らせ]

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  次のページへ

深大寺まちづくり情報コーナー内一部資料の移動について

深大寺地域福祉センターでは、屋上防水、外壁、電気設備、トイレ、内装等改修工事を実施するため、令和3年11月1日から令和4年3月31日まで、臨時休館するに伴い,当福祉センター2階の深大寺まちづくり情報コーナーの一部資料を,調布市立図書館深大寺分館内に配架しております。

行政資料のほか,北ノ台まちづくりネットワーク(北ノ台小学校地区協議会)の広報紙を配架しておりますので,図書館深大寺分館にお立ち寄りの際は,ぜひご利用ください。

 

深大寺地域福祉センターについて

https://www.city.chofu.tokyo.jp/www/contents/1176118975826/index.html

 

深大寺まちづくり情報コーナーについて

https://www.city.chofu.tokyo.jp/www/contents/1374206848715/index.html

【10月25日から】コミュニティ施設(地域福祉センター・ふれあいの家・市民活動支援センター)の対応について

10月25日(月曜日)から11月30日(火曜日)まで、下記施設については利用が可能ですが、今後の状況により変更となる場合があります。また、施設によって、利用条件等の変更や一部利用制限がございますので、詳細につきましては市のホームページを参照いただくようお願いいたします。

 

 ■全地域福祉センター

  期間:期間:10月25日(月曜日)から11月30日(火曜日)まで 

  市HP:https://www.city.chofu.tokyo.jp/www/contents/1622196033756/index.html

 

 ■全ふれあいの家

  期間:10月25日(月曜日)から11月30日(火曜日)まで

  市HP:https://www.city.chofu.tokyo.jp/www/contents/1620605697898/index.html

 

 ■調布市市民プラザあくろす市民活動支援センター

  期間:10月25日(月曜日)から11月30日(火曜日)まで

  市HP:https://www.city.chofu.tokyo.jp/www/contents/1620696168266/index.html

 

 

 (参考)市の他公共施設等の開館状況や、調布市公共施設の開館・利用における感染拡大防止ガイドラインは以下、市ホームページよりご覧いただけます。

  市HP:https://www.city.chofu.tokyo.jp/www/genre/0000000000000/1582764864618/index.html

地域参加で避難所開設訓練が実施されました~最終日~

市内の小学校で,台風シーズンを前に風水害を想定した避難所開設訓練が実施されました。


最終日の8月6日は,調布市立北ノ台小学校での実施。
校門には,北ノ台小地区の地区協議会「北ノ台まちづくりネットワーク」の方々が植えてくださったお花が綺麗に咲いていました。


避難所の開設作業では,受付や簡易テント・簡易ベッドの設置を行い,受付訓練では,「一般」「要配慮者」「発熱者」の3つの役割に分かれて受付シミュレーションを実施し,避難者を案内する訓練を行いました。


私も足にけがをしている避難者の役として案内を受けましたが,案内役の方から「段差がありますので足元に注意してくださいね」とお声がけいただきました。こうした配慮は日常生活ではもちろんのこと,非常時こそ大事だと感じました。


また,北ノ台小学校では,要配慮者用の駐車場所が近隣(神代植物公園ドッグラン隣)に開設予定であることから,その開設訓練も行われました。他の地域の方々が車両避難して来る可能性もあり,改めて,日頃の訓練により心構えや想定をしておくことが重要であると感じています。


意見交換会では,「地盤が強い地域で水害は他人事のように思っていたが,一昨年の台風19号で考えが変わった」「風雨の中案内表示が小さくて見えないのでは」といった意見や,「発熱者の避難部屋が2階だと高齢者が上るのは大変」「簡易ベッドはカバーを敷くか,消毒をしてほしい」など感染対策に関するご意見も寄せられていました。


約2週間にわたり各校で行われてきた避難所開設訓練は,今回の北ノ台小学校での訓練をもって終了となりました。
各回多くの地域の方々にご参加いただき,市職員と一緒に訓練や意見交換をすることで,多くの課題も見えました。
今後の訓練の積み重ねにより,課題解消に繋げていけることを実感しました。


真夏の暑い中,参加していただいた地域の皆様,ありがとうございました。


地域参加で避難所開設訓練が実施されました~その6~

市内の学校で,台風シーズンを前に風水害を想定した避難所開設訓練が実施されました。


8月5日は,調布市立第六中学校での実施。
本日は地域の方が10人以上参加され,避難所の設営にも積極的にご参加いただくことでスムーズな開設を行うことができました。


また,前回の調布中での訓練に引き続き巡回バス避難訓練も行いました。
今回は浸水想定区域である多摩川住宅や染地地区に住んでいる方が,バスに乗車し第六中に避難してくるという想定で行いました。


訓練の中では,避難所の担当者とバスに乗車している担当者との通信訓練も行われ,今回はスマートフォンアプリ「バディコム」を使用して通信訓練を行いました。具体的には,バスでどういった方が避難してくるかを予め避難所の担当者とやり取りを行うことで,スムーズな受け入れがに行えるように訓練しました。


訓練後行われた意見交換では,地域の方々から「避難所に来た方の人数の把握はどのように行うのか」,「発熱者やコロナ感染者の避難方法について課題がある」,「1人暮らしの要配慮者にどうやって避難を促していくか」,「バスの周知はどう行うのか」,「高齢者がバスの拠点に行くのは難しい」,「避難できる場所を増やしてほしい」等の御意見をいただきました。今後検討が必要な案件も多くありますが,訓練を通して地域の方の率直な御意見を伺うことができる良い機会であったと思います。


約2週間にわたり市内各校で実施されてきた訓練ですが,いよいよ明日で最後日となります。
市と地域が一緒に「防災」を考えることができる訓練を,最後までちょみっとで様子をお伝えしていきます。


地域参加で避難所開設訓練が実施されました~その5~

こんにちは、ちょみっと担当です。

市内の学校で,台風シーズンを前に風水害を想定した避難所開設訓練が実施されました。
8月3日は,調布市立調布中学校での実施。


今回は学校での避難所開設に加えて風水害時の巡回バス避難訓練も行いました。
2つの待機拠点から調布中へ,要支援者がそれぞれバスに乗って向かう想定。


私も多摩川自治会館から一緒に巡回バスに乗って訓練に参加させていただきました。


2つの待機拠点からそれぞれ1台づつのバスで調布中に向かう訓練でしたが,各10名程度の地域の方々が参加。
名簿を事前に記入し,約15分で調布中に到着。乗ってからはスムーズだったものの拠点でのバスの待ち時間が想定よりも時間がかかった場面や無線が通じづらかったりとやってみての気づきがあり,やはり様々な想定をして修正しながら繰り返し訓練をするが重要であることを感じました。


「要支援者とはどのような方か?」,「どのように巡回バスの情報を得られるか?」,「事前の周知が大切」などの御意見をいただき,この訓練の意見を踏まえ,拠点場所やバスの運行方法をさらに検討していくとのことです。


改めて感じたのは,色々な避難方法を知っておくこと,そして,災害時には本当に多くの方が避難することになるため,「自助」として日頃から想定や備えをしておくことが大事であると感じました。私も改めて避難場所の確認など備えを見直そうかと思います。


地域と一緒に「防災」を考えるということが印象的なこの訓練について,引き続きちょみっとでその様子をお伝えしていきます。


  1  2  3  4  5  6  7  8  9  次のページへ

PAGETOP
Copyright © ちょみっと All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.