新着情報・お知らせ[お知らせ]

  • HOME »
  • 新着情報・お知らせ[お知らせ]

前のページへ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  次のページへ

地域参加で避難所開設訓練が実施されました~その4~

こんにちは、ちょみっと担当です。

市内の学校で,台風シーズンを前に風水害を想定した避難所開設訓練が実施されました。


8月2日の午後は,調布市立国領小学校での実施。
今回の避難所設置訓練では,「一般避難者」のほか「要配慮者」「発熱者」「ペット同行者」の各受付を校舎内に設置し,それぞれ対象者ごとの避難を想定した訓練となっています。実際に各受付を設置してみることで,受付の流れや設置場所の課題などについて気付くことができました。


国領小学校地区は,今まで実施した避難所とは異なり,地区内に浸水エリアはありませんが,風水害時には避難所として開設されます。そのため,国領小学校の地区協議会である「こくりょう・みんなの広場」の方々にも協力をいただき実施しました。


意見交換では,地域の皆様から「避難所開設にあたって必要なものがどこにあるかわかりやすくした方がいい」「指示役である市職員が地域の方に遠慮しては,少ない人数の中で円滑な避難所開設ができない」「要配慮者の受付と一般避難者の導線に課題がある」など沢山の御意見をいただきました。市職員と地域の方が一緒になって訓練をすることによって見えてくる課題も多いと感じました。


地域と一緒に「防災」を考えるということが印象的なこの訓練について,引き続きちょみっとでその様子をお伝えしていきます。


地域参加で避難所開設訓練が実施されました~その3~

こんにちは、ちょみっと担当です。

市内の学校で,台風シーズンを前に風水害を想定した避難所開設訓練が実施されました。


8月2日の午前中は,調布市立富士見台小学校での実施。
今回の避難所受付シュミレーションでは,避難者が「一般避難者」「要支援者」などの役割が記載されたベストを着用して一度訓練した後に,それを着用せずに参加者からの申出に基づいて案内をする試みも行われました。


意見交換では,地域の皆様から「風水害時を想定した統一したマニュアルがあると良い」,「車で避難所に来てしまった場合の案内が必要」,「要配慮者の考え方が知りたい」,「発熱者の案内を工夫したほうが良い」,「市と一緒に実際の開設の動きを確認する良い機会となった」などの意見や感想がありました。
訓練後だけでなく,訓練の間にも地域と市が一緒に様々なアイデアを出し,試行錯誤しながら様々な想定をする機会となっていたのではないかと思います。


地域と一緒に「防災」を考えるということが印象的なこの訓練について,引き続きちょみっとでその様子をお伝えしていきます。


 


地域参加で避難所開設訓練が実施されました~その2~

こんにちは、ちょみっと担当です。

市内の学校で,台風シーズンを前に風水害を想定した避難所開設訓練が実施されました。


7月29日は,調布市立第三小学校での実施。
第三小では訓練に体育館が使用できたため,ブルーシートを全体に敷いて避難者のスペース確保を行いました。感染症対策の観点から換気していたためクーラーがついていても大変暑い中での訓練となりました。実際の災害時には暑さ対策も重要であることが感じ取れました。


地域の皆様にも一緒に訓練を行っていただき,訓練後の意見交換では「避難所での地域も連携した役割分担の重要性」,「はけ上・はけ下関係なく避難者を受け入れる体制が必要」,「まずは地域で自助を考えるべき」,「色々な人が参加して訓練を重ねることが大事」,「中学校との連携の必要性」など意見がありました。
そして,地域の方が,避難所での役割分担に応じてスタッフが判別できるようなベストを自発的に着用していました。これは実際に令和元年台風19号の際に避難所開設を担った経験から用意したものということです。
実際の経験から得た教訓などを,地域,学校,市が一緒に共有する良い機会となりました。


地域と一緒に「防災」を考えるということが印象的なこの訓練について,引き続きちょみっとでその様子をお伝えしていきます。


地域参加で避難所開設訓練が実施されました~その1~

こんにちは、ちょみっと担当です。

市内の学校で,台風シーズンを前に風水害を想定した避難所開設訓練が実施されました。
この訓練は7月27日から8月6日まで市内の7つの小・中学校の実施が予定されております。
緊急事態宣言下ではありますが,いつ起きるか分からない災害に備え,感染防止対策をしながら,市の職員だけでなく自治会や地区協議会など地域の方と一緒に訓練が実施されました。


初日7月27日にお伺いしたのは,調布市立第二小学校です。
訓練は,主に避難所受付の設置,受付シミュレーションの実施。離れた場所でもスムーズにやり取りができるよう無線機の導入や,教室でブルーシートを使った2m×2mの密を回避するための仕切りづくりなどの工夫も取り入れていました。
訓練後の意見交換では,「地域での防災の取組を知ってほしい」,「地域にはどのように情報が届くのか」というようなご意見があり,改めて地域との連携,情報伝達の大事さが共有されました。やはり一緒に訓練を実践してみての「気づき」がたくさんあったのではないかと感じています。


地域と一緒に「防災」を考えるということが印象的なこの訓練について,引き続きちょみっとでその様子をお伝えしていきます。


サマーボランティアに参加しよう!

夏休みを利用して、ボランティアをしてみませんか?
調布サマーボランティアは、ボランティアや寄付活動を通じてあなた自身が地域の一員として社会に貢献することを学ぶプログラムです。
きっと新しい自分を見つけることができると思います。


★ボランティア体験プログラム★
市内のボランティア活動に参加し、社会課題への関心を深めます。
【受付期間】7月10日(土)~7月24日(土) 月曜~土曜日 8:30~17:00
      ※7月19日(月)は休館日です。
【ボランティア活動参加期間】8月1日(日)~8月31日(火)
【定員】各プログラムごとに異なる(申し込み完了順)


★寄付体験プログラム★
社会資源について学習し、寄付を通じた社会貢献を学びます。


【受付期間】7月10日(土)~9月30日(木) 月曜~土曜日 8:30~17:00
      ※7月19日(月)・8月15日(日)・8月16日(月)・9月21日(火)は休館日です。
【定員】定員はありません。


【問合せ・申込み先】 調布市市民プラザあくろす 市民活動支援センター
           042-443-1220/npo-center@ccsw.or.jp
 詳しくは,こちら(市民活動支援センターHP)をご覧ください。


前のページへ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  次のページへ

PAGETOP
Copyright © ちょみっと All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.