新着情報・お知らせ

地域参加で避難所開設訓練が実施されました~最終日~

市内の小学校で,台風シーズンを前に風水害を想定した避難所開設訓練が実施されました。


最終日の8月6日は,調布市立北ノ台小学校での実施。
校門には,北ノ台小地区の地区協議会「北ノ台まちづくりネットワーク」の方々が植えてくださったお花が綺麗に咲いていました。


避難所の開設作業では,受付や簡易テント・簡易ベッドの設置を行い,受付訓練では,「一般」「要配慮者」「発熱者」の3つの役割に分かれて受付シミュレーションを実施し,避難者を案内する訓練を行いました。


私も足にけがをしている避難者の役として案内を受けましたが,案内役の方から「段差がありますので足元に注意してくださいね」とお声がけいただきました。こうした配慮は日常生活ではもちろんのこと,非常時こそ大事だと感じました。


また,北ノ台小学校では,要配慮者用の駐車場所が近隣(神代植物公園ドッグラン隣)に開設予定であることから,その開設訓練も行われました。他の地域の方々が車両避難して来る可能性もあり,改めて,日頃の訓練により心構えや想定をしておくことが重要であると感じています。


意見交換会では,「地盤が強い地域で水害は他人事のように思っていたが,一昨年の台風19号で考えが変わった」「風雨の中案内表示が小さくて見えないのでは」といった意見や,「発熱者の避難部屋が2階だと高齢者が上るのは大変」「簡易ベッドはカバーを敷くか,消毒をしてほしい」など感染対策に関するご意見も寄せられていました。


約2週間にわたり各校で行われてきた避難所開設訓練は,今回の北ノ台小学校での訓練をもって終了となりました。
各回多くの地域の方々にご参加いただき,市職員と一緒に訓練や意見交換をすることで,多くの課題も見えました。
今後の訓練の積み重ねにより,課題解消に繋げていけることを実感しました。


真夏の暑い中,参加していただいた地域の皆様,ありがとうございました。


PAGETOP
Copyright © ちょみっと All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.