新着情報・お知らせ

地域参加で避難所開設訓練が実施されました~その6~

市内の学校で,台風シーズンを前に風水害を想定した避難所開設訓練が実施されました。


8月5日は,調布市立第六中学校での実施。
本日は地域の方が10人以上参加され,避難所の設営にも積極的にご参加いただくことでスムーズな開設を行うことができました。


また,前回の調布中での訓練に引き続き巡回バス避難訓練も行いました。
今回は浸水想定区域である多摩川住宅や染地地区に住んでいる方が,バスに乗車し第六中に避難してくるという想定で行いました。


訓練の中では,避難所の担当者とバスに乗車している担当者との通信訓練も行われ,今回はスマートフォンアプリ「バディコム」を使用して通信訓練を行いました。具体的には,バスでどういった方が避難してくるかを予め避難所の担当者とやり取りを行うことで,スムーズな受け入れがに行えるように訓練しました。


訓練後行われた意見交換では,地域の方々から「避難所に来た方の人数の把握はどのように行うのか」,「発熱者やコロナ感染者の避難方法について課題がある」,「1人暮らしの要配慮者にどうやって避難を促していくか」,「バスの周知はどう行うのか」,「高齢者がバスの拠点に行くのは難しい」,「避難できる場所を増やしてほしい」等の御意見をいただきました。今後検討が必要な案件も多くありますが,訓練を通して地域の方の率直な御意見を伺うことができる良い機会であったと思います。


約2週間にわたり市内各校で実施されてきた訓練ですが,いよいよ明日で最後日となります。
市と地域が一緒に「防災」を考えることができる訓練を,最後までちょみっとで様子をお伝えしていきます。


PAGETOP
Copyright © ちょみっと All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.